2006年9月26日

●北海道の大地とグルメと観光名所と。

ラーメン1.jpg

ラーメン3.jpg旭川ラーメン
旭川ラーメン村。制限時間1時間半の為一番列が長い店に並んでみる。味噌ラーメンを食べたのですがとてもさっぱりして美味しかった。チャーシューが辛口で珍しい味。




初日の魚一心を除いて軽い食事ばかりでした。
ランチの方が充実していました。


スープカレー.jpg

スープカレー2.jpgスープカレー3.jpg
マジックスパイス札幌本店
札幌市白石区本郷通8南6-2.
(T)011-864-8800
最近うわさのスープカレー。郊外なのに次から次へとお客さんがやってくる。カレー大好きな私はもっとトロ~ッとしたカレーの方が好み。




北海道最終日、札幌の観光名所を駆け足でまわりました。
時計台レンガ造りの旧北海道庁です


時計台1.jpg


時計台
時計台2.jpg
思っていたよりかなり小さかった。
気持ち的にはマーライオンを見た後のような気持ちだった。ちょっとがっかり。でも写真に撮ると絵になります。




赤レンガ.jpg旧道庁
赤レンガ2.jpg旧北海道庁は、1888年に完成した赤煉瓦造りのアメリカ風ネオバロック様式建築なのだそうで、1969年に重要文化財の指定を受けているそうです。歴史を感じます



モリ1.jpg


雄大な景色
一面に広がる大地は見ているだけで清清しい。



モリ2.jpg少しだったけど
あっという間の北海道でしたが、レンタカーを借りてこの道を走ったら心地いいだろうなぁ。と思いながら空港に向かいました。





ロイズ.jpg千歳空港
白い恋人.jpg
定番人気の白い恋人。観光客が購入する数は半端じゃありません。ロイズはとてもお洒落な地域密着型のチョコレート工房。ちょこっとですが、お土産集でした。

また行きたい北海道。
思い出に残る2泊3日になりました

2006年9月24日

●富良野の雄大な自然美

ラベンダー1.jpg
ラベンダーのやさしい色
来月になると一面ラベンダー畑へと変わるのでしょうか?

富良野に行きました。
想像していた北海道の自然の美しさに感動です。

車窓から見える景色も壮大で絵になります。
九州人にしてみると異国のように感じてしまいます。


色とりどりの花々.jpg

色とりどりの花々
とても綺麗な色の配色です。こんなに壮大な景色だとどのように撮ればいいのか分からなくなります。思い出しました。



暴力的2.jpg
背景を暴力的につぶしてみる
このコメントが頭にずっと残っていました。ちょっとキツメの情熱の赤になりました。こんな感じで時が経つのを忘れてしまいました。





コスモスの花.jpg

コスモスの花
この花を見て宮崎と1ヶ月ほどの気温差があることを実感しました。とても綺麗な色です。宮崎は生駒高原という場所でコスモスを見ることができます。



ヒメりんご.jpgヒメりんご2.jpg
ヒメりんごにはまる
可愛らしいヒメりんごに釘付け。色々なコラボを試みる。やはり青空との相性が一番良かった





モリ1.jpgモリ2.jpg

非日常的な自然の中で

モリ3.jpg




富良野の景色を見ることが出来ただけで、来て良かった!!と思いました。
札幌は結構都会だったので、内陸の自然をもっと見たくなりました。

2006年9月23日

●興奮の札幌初上陸その1

札幌夜景.jpg
藻岩山からの夜景
札幌市のほぼ中央に位置する標高531mの藻岩山。
ロープウェーで頂上まで上り、美しい夜景を堪能することにしました。
北海道のイメージはこんな夜景で、何度も手ブレをくり返し撮影しました。


念願の2泊3日、北海道の旅に行ってきました!!
札幌中心の初心者旅行でオフシーズンなので驚くべき格安旅行です。

2日目だけホテル主催のツアーが付いていて、あとは全てフリー。
なかなか便利でご機嫌です。

3日目に着る洋服がなかったので札幌駅大丸百貨店で調達後
(なぜかいつもこんな感じです)地下鉄で大通駅まで。


それから路面電車を使いロープウェ-下まで向かう。
電車内で深く思いました。

北海道の人たちは物静かだな。


さっぽろ.jpg

光のじゅうたん
とても美しく飽きない夜景です。さすが北海道。とても寒かった。なのに現地の方はすごい薄着。これぐらいでは寒さに入らないのでしょうね。






もーりす号.jpg

モーリス号
ロープウェーを降り、このバスで頂上まで向かいます。みんなこのバスの前で記念撮影してました。




札幌.jpg

ライトアップ木々
何気ない木が妖しくライトに照らされていたので、ふらふらと撮影してみました。クリスマスなどはライトアップされるのでしょうか?ホワイトクリスマスどころではない雪が降っているような気がします。



やはり一眼レフ持ってきてよかった!!と感動しました。
函館の夜景も次回は見てみたいとまた来る気マンマンです。

その後、お世話になっている恒さんからここおすすめ!!
という居酒屋の住所を頼りに行ってみる事にしました。

藻岩山から路面電車ですすきの駅下車。歩いて探しに探すと
すすきのの中心近くでした。(でかい街です!!)


魚一心
北海道札幌市中央区南3条西5丁目
美竹ビル4F
(T)011-222-3897

地元の仕事帰りの方が多く、新鮮な魚類を食べさせてくれます。
渋い大将がほっけの骨は食べなよとさりげなくアドバイス
&コミニュケーションしてくれます。


北海道の海の幸は最高☆
店の名前通り、魚介類のオンパレードでした。

恒さん!!住所全然違ったけどたどり着けました。ありがとです!!
そして地下鉄でホテルまで戻りました。


翌日は富良野まで行くバスツアーの為、早めに寝る事にしました。
旅行は最高です

2006年8月16日

●お盆特急最終回-怒涛のスペイン編(食編)

前回に続き、沢木耕太郎原作”深夜特急”をチャンネルNECOで数週間前に
観て、改めてその魅力に引き込まれた私(すみいち)が過去印象に残った地を
脳内旅行するという企画も最終回になりました。


綺麗にまとめようとしていますが、お盆期間中に写真を撮る事が
できず過去の画像に頼ろうという、ある意味潔い企画なのである。


コメントまだだと思いますが、近日中に落ち着いたらドドッといたしますので
是非ご理解くださいませ。

ハモン.jpg
ハモンセラーノ
生ハム界の大トロ。王様。湿度のないヨーロッパだからできる製法。
ぶら下げて半年、1年ひたすら熟成させる。日本で最高級のハモンもスペインでは
驚くほど安い日常食。

ぼがでぃーじゃ.jpgボカディージャ
そのハモンをはさんだサンドイッチ。知ったかぶりの大阪の女の子に注文を任せたら、コントのように次から次に出てきてボカディージョ大食い選手権のようになった思い出がある。






ワインセラー.jpg
ワインセラー2.jpg


衝撃を受けたワインセラー
洞窟型のワインセラーは全ての穴が適温に保たれている。
上までびっしり詰めるのではなく、背伸びして届く範囲の収納の精神が
バイトの女の子が一生懸命背伸びしたのかな?という想像をさせて
くれる素敵なワインセラ-なのでした。

オイルサーデン.gifとりのにこみ.jpg
オイルサーディン、田舎料理鶏の煮込み・・・共に抜群の味。


ばる1.jpgバル
立ち飲み居酒屋バル。色々食べてみんなで割ると500円くらい。しかも楽しい。隣の人が平気で話しかけてくる。大らかな国民性が大好きだ。



カフェ.jpgデザート.jpg
カフェコンレチェ(カプチーノ)とサクサクの甘いデザート。
日本の味ではなく、とても美味しい。

また行きたい。絶対行きたい。と思える地であった。


しかし、大沢たかおはハマッていて格好よかったな。アジア編が一番よかったな。
なんで中京テレビ製作なのだろう・・・

2006年8月15日

●お盆特急-怒涛のスペイン編(風景編)

今回は沢木耕太郎原作”深夜特急”をチャンネルNECOで数週間前に
観て、改めてその魅力に引き込まれた私(すみいち)が過去印象に残った地を
脳内旅行するという企画。


といってもお盆期間中の撮影をあえなく断念した為、過去の画像に
頼るという苦肉の策ともいえる企画なのである。


バルセロナの海岸.jpgバルセロナの夕暮れ
この夕焼けの明るさには驚いた。いつまでも眺めていたい風景とはこの事。似たような風景は地元にもあるが、その光の強さが全く違う。目映いばかりの反射光がとても心地よかったのを鮮明に思い出す。




アルハンブラ.jpgさぐらだ.jpgテロ間取り.jpg
アルハンブラ宮殿、サグラダファミリア、マドリッド駅でのテロ現場。
絵になる風景はすべて歴史の中の悲しみから生まれたように感じる。
この街に住んでみたいと強く思った事を思い出す。

コルドバ.jpg路地の文化この独特の楽しみ方に憧れる。左右に雑貨店が並び、花が咲き誇る。このような風景は日本にあまりない。




メスキータ.jpg
メスキータ
様々な当時の宗教勢力により建物の内装が驚くほど変化する教会・メスキータ。イスラム文化が強く独特の模様が美しい。



ドンキほー手.jpgドンキホーテ・時間がスロー。息抜きどころの騒ぎではない。
ミハス.jpg






前回もお伝えした通り、この旅行で知り合った建築家の子が宮崎にやってくる。
人の縁の不思議さを感じるのです。


ついに明日は最終回(食編)です。

2006年5月23日

●すみいちプライムショッピング(韓国編)

韓国編最終回はお土産編でございます。
GUCCIやVUITTONなどのブランド系はさておき、皆に配るのに便利な
ちょっとした韓国お土産を紹介しますね。

gift1sumibiset.jpg
ヨン様スポーツドリンク
すごっ!!
帰国前の免税店を出たコーヒー屋さんで思わず購入してしまった缶コーヒーは意外に好評。
と思ったらスポーツドリンクだそうです。明らかに首から下は合成じゃないですか!!と思ったら本物の肉体改造後の体だという事。
シュークリームママさん
私の勘違い大変失礼しました。そしてご指摘ありがとうございます。
ヨン様ファンの山崎さんは大喜び

yuzucoshoshohin.jpg
韓国コスメ
ソウル市内で最も賑わっていたコスメショップ。日本で同じような雰囲気の店見たことあるような?色々な顔パックが安い値段で買えるので、よいお土産になります。(小分け袋はくれませんので日本で買いました。とにかくおまけをたくさんくれます。1000円以上買うと300円分くらいおまけを付けてくれます。


gift1sumibiset.jpg キティタオル1ストラップ.jpg
キティミニタオル(小)        韓国ハローキティ携帯ストラップ

社員の女の子達には何がいいかと聞くと、韓国キティシリーズが良いとの事。
忘れないうちに到着したその日に免税店で購入。


その後、ソウル市内を散策してみると同じ商品でも値段が安い事が判明。
しかもまとめ買いすると、またまたオマケをくれる。
早まったのが悔しかった!!


ひまわり種.jpg
ひまわりの種スナック
日本茶の旦那様も紹介されていたひまわりの種チョコレートは味的に大変好評です。南大門でお徳用パックを買い、皆で分けました。かなり小粒です。

韓国のり.jpg
韓国海苔
キムチはもらっても食べないから!!と予告する人が多く、大切な人にはやはり定番の海苔になってしまいました。購入先はロッテ百貨店の地下。午前中愛想良かった売り場のお兄ちゃんが、午後追加分を買いに行ったら愛想悪い接客に変貌・・・と思ったら全く同じ顔の双子でびっくり!


もともとお土産選びにうとい私には発見が多かったですね。
女性の方が楽しめるような気がしました。


値段交渉もあり。まとめ買いするとさらに交渉力がUPします。
先日も書いた食器類はいつか手持ちで持って帰りたいですね。


次回はきちんと下調べして行きたいと思います。

2006年5月22日

●すみいちと韓国グルメ

本日はリクエストの多かったグルメ編です。
韓国グルメの一部をご紹介します。

骨付きカルビ.jpg
骨付きカルビサンチェ.jpg骨付きカルビ
韓国料理の定番一度は食べてたい骨付きカルビ。サンチェに巻くとより一層美味しい。
しかし気を付けるべし。腹六分の所でいきなりウエイトレスが一言。
ここから追加料金デスけどいいですかぁ!!

よくねぇ!!!!


恐るべし韓国式骨付きカルビ戦法。渋々追加しましたけどね。
これは日本ではお目にかかれない戦法ですな。


カルビの前に色々な種類の小鉢がずらりと並ぶ。
キムチをはじめ、ナムルや豆腐やサラダなど・・・


基本的に韓国は食べきれない程の食事を出すことが最高の
おもてなしとされているそうです。

残った料理はためらいもなくゴミ箱に捨てる。
その様は東洋のアメリカ人のように思えました。

OB1.jpg
キムチ1.jpg
ナムル1.jpg
付け合せ

OBビールはのどごし軽すぎます。
日本のビールは世界一だと実感しました。キリンさん最高!!

トッポギ.jpgトッポギ 街中至る所で見られる韓国の定番おやつ、トッポギ(韓国風もちの唐辛子煮)お約束のコテジャンベースで美味しそうでした。屋台でおやつ代わりにみんな食べてました。店のおばちゃんが作りながら食べてたのに衝撃を受けた。それ、確実に味見じゃないよね・・・

ドーナツ.jpgドーナツボール これもよく屋台で見ました。
日本と同じ味でホッとしました。ロッテ百貨店で買ったパンも美味しかったし、韓国の人もパンが好きな事にとても親近感を憶えました。


今回の旅で助かったのが、大好きなコーヒーブレイクができた事。
おしゃれで美味しいコーヒービーンがありました。


YES!!


コーヒービーン.jpg
Coffee Bean
コーヒービーン2」.jpg


コーヒー文化は韓国でも市民権を得ていました。
接客も笑顔の接客。男女共に若くてお洒落な店員が多い。
飲み終わったカップをゴミ箱に入れると50W(ウォン)くれる。


コーヒーの味は全く同じでしたが、サンドイッチは韓国人好み
のピリ辛仕上げになっていました。

2006年5月21日

●すみいちと韓国の街並み

南大門市場.jpg
南大門市場
かつての日本人もこのくらい必死に生活していたのでしょうか?
南大門2.jpg
庶民の大市場
とにかく何でもアリ。工具やの娘さんから教えてもらっていた、ブランド品のイミテーションや様々な食品、衣服、日用品。すごい数。


業者さんの買い付け場所でもあるそうで、皿のセットも一式
(レストランが一軒開けそうな量、5万円くらい)でないと売ってくれません。


食器類はすごく安くて素晴らしい。
星型の皿のセット(おそろしいセット内容)は日本になくて欲しくなりました。
持ち帰りを考え断念。次回は買いますよ絶対。


景福宮1.jpg景福宮2.jpg
景福宮3.jpg
景福宮
韓国を代表する古代宮殿。
景福とは”詩経”に出てくる言葉で、王とその子孫、全ての百姓が大きな幸せを得るという意味だそうです。

1592年の豊臣秀吉の朝鮮出兵時の混乱で焼失し、現在は当時のまま復興工事中。2050年の完成をめざしています。

宮殿の守り神として至る所に十二支の像が飾られています。韓国の干支には猪はなく、その代わりは豚だそうです。その為豚は縁起のいい動物として大切にされているそう。看板に豚のマークが多い訳がわかりました。


びっくりするのが商店街の帽子屋さんや洋服屋さんが
朝6時くらいから夜11時くらいまで開店していること。


凄まじい労働パワーは見習うべき所はあります。
日本人は幸せです。


でも日本人でよかった

2006年5月20日

●すみいちと韓国の活気

ワールドカップ.jpg
韓国ワールドカップへ異常な盛り上がり
日韓共同開催の時に赤一色になったソウル市内の広場。
連日ニュースはこの話題でもちきりです。

やっと帰ってきました!!
今回の韓国はNIKONを持参という事に救われた旅でした。
行きの飛行機の中もデジイチ参考資料を見てましたよ。

宮崎から直行便で約1時間半。
あっという間にソウル市内に到着です。

ミョンドン1.jpg
ソウルの大繁華街・明洞
ホテルから歩いてすぐだったので、繁華街を散策しました。
活気に溢れていて歩行者天国のようでした。

夜はこの倍になり、出店に溢れ活気は倍増します。
スターバックス、ピザハット、マクドナルドなどの外資系企業も以前より多くなっています。

コスメのお店が多く、観光客で大変にぎわっています。おまけをたくさんくれるので
大変お得だそうです。


韓国屋台.jpg
至る所に屋台があります。
庶民の味方屋台が多かったのです。
屋台地帯があり、多くのサラリーマンで賑わっていました。よく食べ、よく飲む。

日本に比べても痩せている人が多いのは炭水化物をあまりとらないから?
ということを話しながら歩きました。


どうしても皆さんのブログが見たくなり、(ハングル語だらけからの逃避でしょうか?)
フロントに聞いてみるとビジネスセンタ-なる場所を発見。


現地の感覚では高いという事ですが、そうでもなかったので使用しました。
(ホテルの部屋の机からLANケーブルがビヨーンと飛び出ていた
ので今後はノートPCを持っていくと完璧ですね。)


そこでブログのチェックと書き込みをすることに。
皆様のコメントのありがたさを再認識しました。

2006年5月19日

●韓国からグッデンモルゲン

ドイツ1.jpg
デカスギません?・・・どっちがパンだか?


いやぁ。


昨晩の韓国の焼肉は頼んでもないのにウエイトレスの
おばさんがハサミで骨付きカルビ切っちゃうんだもの・・・


という事に今頃なっているのでしょうか?
現在まだ日本。この記事は予約配信でございます。


韓国へ出発する前W杯のメンバーが発表され,そういえば昨年ドイツ
に行った事を思い出しました。


悪夢のようなドイツ旅行。
それはビールとソーセージにまみれたものでした。


ドイツ2.jpg
街角の出店
街中にこのようなソーセージを販売している出店があります。味はまあまあです。ゲルマン人はデカイ。
でっかいビールと一緒に豪快にそして静かに食べる。男性は全てボリスベッカーかオリバーカーンに見えてきます。女性は全てステフィグラフ。

とにかくお世辞にもクールとはいえないゴツゴツ感のあるドイツの方々。
自転車に乗っている人が多かった。

ドイツ3.jpgドイツ4.jpg
とても綺麗なフランクフルトの街並み

ゲルマン民族はとても真面目。
静かに友人とビールを飲んでいる。


その真面目さは少し日本人に似ているように思える。
実際義理堅い方が多く仕事も真面目。カラオケが大好きらしい。


ドイツ5.jpg
ワインの空瓶を入れるオブジェ
この日常に根付いている感がとてもかっこよかった。
ありそうでない逸品。日本だったらキリンビールの黄色い箱になるのでしょうね。

このレストランでホワイトアスパラを盛っていたアスパラガスの形をしたお皿がどうしても欲しくなり、店の人に譲ってくれと頼んでみた。真面目なドイツ人の答えはNO


今頃はアシアナ航空へ搭乗手続き中でしょうか?
果たして麗しの韓国を発見できる事ができたのだろうか?

2006年5月16日

●韓国行ってきます!!

アンニョン ハシムニカ
おはようございます!!

19日(金)まで韓国に行ってきます。
いいブログの種が見つかるように頑張ってきます。

19日までの投稿分に関してはコメントが遅くなるかも
しれませんがお許しください。

それでは行ってきます

2006年5月 1日

●ぶらり日向路をゆく

いよいよGWに突入です。
宮崎地方は朝から夏並みの気温でとてもいい感じ。
良い大型連休になりそうですね。


そんな中、先週末見送りになった親友への出産祝いの為
再び宮崎県日向市に行ってきました。


挨拶もそこそこに姫の姿を拝見することに。
とにかく小さい。かわいい。清潔。


その可愛さにひよこクラブ担当者のように写真を
何枚も何枚も撮ってしまいました。


こりゃ将来美人になりますな。
テレビ出演の際にはコレ使ってくださいね♪(一枚の写真風)


娘.jpg
2600グラムの姫。
あなたはどんな楽しい夢をみて笑っているのですか?


赤ちゃん堂さん1.jpg
赤ちゃん堂セレクト
今回店長さんに提案して頂き、ギフトとして使用させて頂きました。ありがとうございます。とても好評です。

これを着て歩き回るにはしばし時間が必要ですな。その時また激写させていただきます。


赤ちゃん堂さん2.jpg



イマドキ子供事情☆
なんですか。このデニム具合。お洒落具合にもほどがありませんか!ある意味子供に帰ってお洒落したいっす☆


それからそれから・・・


久々に仕事の事など色々話し、気が付いたら夕食時になっていました。
行きつけの店があるという事で連れて行ってもらうことに。


元ラガーマンが気合入ってて、地元で大変人気のある
串かつ屋さんへ。

くしかつ1.jpgくしかつ2.jpg
こんな感じの串かつ屋さんは近所にないです。
とてもいい雰囲気のお店。おのずとテンション上がっちゃいます♪

くしかつ3.jpgくしかつ5.jpg
スマッシュヒットはこのジャンボアスパラに決定☆
そして大人の宴の始まりです。全てウマイのです。
くしかつ4.jpg
今からが旬☆日向捕れのキス串
合間に出てくる たこ焼き串明太串などからお店の創作意欲がビンビン感じられ、つくずく思いました。
やっぱ飲食店は場所ではなく人だなぁ・・・

半日でしたが、とても充実した時間でした。
さぁ!ゴールデンウィークの始まりです。